消費エネルギーが摂取エネルギーを上回れば痩せるのは確実

消費エネルギーが摂取エネルギーを上回れば痩せるのは確実

ダイエットのためのさまざまな情報が日々世を飛び回っていますが、ただひとつ、痩せるために言える確実なことがあります。

 

それは消費エネルギーが摂取エネルギーを上回れば痩せるということです。そしてそのことは当然、消費エネルギー=摂取エネルギー、または消費エネルギー≦摂取エネルギーであれば痩せないことを意味します。これらはとても当たり前のことなのですが、ダイエットをしていて一向に体重が落ちないと悩んでいる方は、大概がこの点を軽視して他のことに気が回ってしまっているのです。

 

例えば最近人気の糖質制限ダイエットについて、このケースで失敗している方を多く見かけます。糖質制限ダイエットは、糖質を控えさえすれば他のものはお腹いっぱい食べられるというキャッチコピーでダイエッターの心をつかみました。そして今までの苦労が嘘のようにするすると短期間で痩せたという人が存在するのも確かです。しかしその反面、いくら糖質量を下げても痩せない、または痩せるどころかかえって太ってしまったという人さえいます。

 

これはまさに、摂取エネルギーと消費エネルギーの法則を無視しているがために起こっていることです。ダイエットとは基本、多かれ少なかれ食欲の抑制が必要です。しかし人間は甘い言葉には弱い生き物なので、糖質制限ダイエットのようにお腹いっぱい食べられるとか、またはこの食品を食べるだけで、飲むだけで痩せるという情報に簡単に流されます。そんな耳ざわりの良い情報に振り回されながら、ずるずると何年も太った身体を維持し続けることになってしまうのです。

 

本気で体重を落としたいとしたら、まずやるべきことは、自分の現在における消費エネルギーと摂取エネルギーを把握し、コントロールすることです。食品のカロリーをいちいち計算するのは面倒に感じるかもしれませんが、毎日続けているとパターン化してくる部分もあるので、想像するほど難しいものではありません。確実に痩せたいと考えているのであれば、カロリー計算の習慣を身につけることをおすすめします。