女性が挫折しない効果的なトレーニングをする方法

女性が挫折しない効果的なトレーニングをする方法

お腹や腕周りなどをスッキリと引き締めたいなら、筋トレがおすすめです。

 

しかし、女性にとって筋トレはなかなか効果を感じにくいという面があり、長続きしないという声もよく聞かれます。女性が効果的に筋トレを行うためにはいくつかのポイントがあります。挫折しないトレーニング方法を身につけて、毎日コツコツと続けることが大切です。

 

女性の場合、筋肉がつきにくいという特性上、ついつい負荷を大きくかける運動をしてしまいがちです。しかし、そうした運動は首や腰などを痛めやすく、続けることも難しいため引き締め効果を狙うことも困難です。

 

例えば、気になる箇所のトップに挙げられるお腹周りの場合、仰向けに寝て上半身を起こす腹筋運動は首と腰に大きな負担がかかります。お腹周りの筋トレなら、仰向けの状態で太ももを垂直に上げ、膝からつま先までは床と平行になる姿勢を取り、そのままおへその辺りを中心とするイメージを持ちながら上半身を丸めます。肩甲骨をやや浮かせるようにして、軽く体を持ち上げて丸めるのがコツです。このまま15〜30秒停止し、体を戻します。これを10〜30回程度繰り返すことで、体に優しい腹筋の筋トレが可能です。

 

筋肉の量を増やして消費カロリーを増加させ、痩せやすい体を作りたいという場合は、太ももの筋トレがおすすめです。

 

太もも筋肉は人体の中で最も大きな筋肉です。ここを鍛えることで何もしない状態でも消費するカロリーを大幅に増やすことができます。太ももの筋トレはスクワットが有効です。両足を肩幅の広さに開き、お尻を突き出すようにしながら腿が床と平行になる程度まで腰を下ろします。素早く動くよりもゆっくりとした動作で行うことで効果が倍増します。

 

戻すときも同様にゆっくりと体を上げ、15回程度1セットとして2〜3セット繰り返すと効果的です。さらに負荷をかけたい場合はダンベルやペットボトルなどを持つと良いでしょう。いずれも筋トレも、前後にストレッチを行い、体をほぐすことが重要です。